読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京・心理カウンセリング・ハルモニア

カウンセリングルームでのセッション・様子・出来事など

事例 : 女子高生・自律神経失調症3

事例 : 女子高生・自律神経失調症
              カウンセリングルーム ハルモニア・東京・八王子

f:id:harmonia-cr:20161018015416j:plain

 前回までの流れ
 ●主訴
心療内科にて、自律神経失調症と診断、緊張性の胃の痛み・吐き気・頭痛・PMS(生理前緊張)・生理不順など身体的に症状が出ている。
現在高校3年生、「部活最後の試合を控え、せめて出場して引退したい。」 
薬は緊張してしまう場面では効かない、「大学受験の体制に入る前になんとかしたい」
とのことで来室。
 
 ●インテーク(初回面接)
まず彼女のいろいろな話から問題を明確化を行う。
話の内容から、今の彼女の中でそれぞれの人格がどのような問題となり、状況や症状を作り出しているのかを、丁寧に説明する。
 

www.harmonia-cr.com